片岡まさのり『冬の唄は短編小説のように』CD

KRCL-159 / 1800円(税抜) / 6曲入り

●高知・沖縄を拠点に、日本全国を歌いながら旅して生きる、放浪の詩人、片岡まさのり。彼の歌はシンプルでストレート。だからアコギ一本の演奏スタイルがよく似合う。
 音楽を志す若者は、「今はまだ売れていないからバイトをしながら」と現実に向き合う。しかし片岡は「まず歌ってからだ。歌いもしないのに売れていないなんてことは言いたくない」と、当てのない歌放浪の旅を選択した。その愚直なまでに真っ直ぐな姿勢が、各地で共感を呼んでいる。道に迷っているすべての人たち。若者に限らないすべての人たちに聴いてもらいたい、人生の指針となるような力強さを持った1枚だ。

<hr noshade="noshade" width="100%" />

【収録曲】

1. 瞳の中のヴィンセント・ヴァン・ゴッホ
2. 冬の唄は短編小説のように
3. 一緒に歳をとりましょうね
4. 君の愛がなければ人生にどんな意味があるだろう
5. 僕の体温
6. スターガーデン

¥ 1,944

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。